陰毛が白髪になる理由

遺伝の要素が大きい白髪

陰毛の毛というと、他の毛に比べて黒々としている事が普通ですが、もしもアソコの毛に白髪を発見したら、きっと誰もがショックを受けてしまうものではないでしょうか?

 

けれど、身体が老化して頭髪に白髪が出来るように、陰毛にも白髪が生える事は充分にありえる事です。
確かに温浴施設や銭湯などに出かけると、50代・60代程の中年の方でも陰毛にチラホラと白髪が混ざっている人って居ますよね?
陰部の毛なので、そんなにまじまじと見る事もありませんが目に移って白髪が混ざっていると、結構目立つなと感じてしまうものです。

 

やはり白髪というくらいなのだから加齢によるものだと連想出来るものですが、陰毛の白髪の場合は、加齢以外にも様々な理由は背景に隠れています。
まず考えられる理由は遺伝によるものです。
例えば、両親や祖父母に白髪の多い場合、これは充分に考える事が出来ます。
髪質や体毛の濃さというと、やはり遺伝の影響を大きく受けやすいものです。

 

もしも家族に白髪の多いと言った場合は、血筋の影響によって髪の色素を作るメラノサイトが機能しなくなりやすいと言えるでしょう。
また、毛と重要な関わりを持つストレスの影響もあるでしょう。
薄毛やハゲというと必然的にストレスが結びつくものですよね? これと同じく髪の色素が薄くなり白髪になってしまう理由の一つとして、ストレスは大きく関わっていると言われています。陰毛の白髪に対してもこれと同じ事が言えるでしょう。

 

精神面と栄養不足がさらに白髪を引き起こす

他には栄養不足や血液循環の悪さなどといった理由も考えられます。
この二つは先程述べた理由の”強いストレス”が重なる事によって、更に陰毛の白髪を悪化する恐れがあるので最も厄介な理由だと言えます。
精神的な面と身体の具合というと紙一重な部分もあります。

 

まず一つ目のパターンは、ストレスによって血液循環が悪くなってしまう事です。
自律神経失調症という心の不安定から身体も同時に不安定に陥るという精神的な病があるように、強いストレスを受けると人間は血液循環が悪くなり、身体に異常をきたすようになってしまいます。

 

また二つ目のパターンは、強いストレスによって食欲を無くし栄養失調へと陥ってしまう事です。当然ただでさえ悪くなってしまった血液循環が更に悪くなってしまうので、白髪を尚更悪化させてしまう原因に繋がります。
これら全てを踏まえて考えると、加齢以外ではやはりストレスの影響化による理由が最も強く表に出やすいのでは? と、考える事が出来ますね。
陰毛の白髪を回避する為には、ストレス解消や健康的な生活が最も重要な鍵となるのでは? と考える事が出来ます。