白髪 効果 食べ物

海藻って白髪にもいいの?

身体の悩みは、摂取する食べ物で改善出来るとよく聞くものですが、白髪の場合どんな食べ物が効果的でしょうか?
よく「髪を生やす食べ物」として挙げられるものと言えば、ワカメや昆布などの海草類です。確かに、その黒々とした色合いから『髪が生えそう』と潜在的イメージだけで結びつくものです。

 

しかし、これらは髪を生やす根拠は全く無いと科学的にも証明されています。
確かに海草類はミネラル分が豊富なので、身体に良い事だけは間違いないのですが、髪に直接的に結びつかないものです。
つまり海草類だけ食べていればツヤツヤな黒髪を取り戻せるワケではないという事をまず理解しておくべきです。
これは頭髪だけに限ったことではなく、陰毛やワキ毛についても同じことがいえます。

 

同様に抜け毛予防にも一朝一夕で効果があるものではないといえます。
(参考)白髪は抜け毛のように予防できるの?

 

まず、食事で悩み解決の為に知っておかなければならない事と言えば『それが何で出来ているか?』という事です。知る事によって、摂取すべき栄養素が見えてきます。
髪の場合は、タンパク質は8割。水分が12%~13%。脂質が1~8%。ビタミン・ミネラル類が0.6%~1%。という構成で出来ています。

 

つまり単純な話、この構成されるもの積極的に摂取する事で白髪に良い食事となります。
具体的に食物を挙げるとするのであれば、タンパク質は肉や魚、牛乳や大豆などの豆製品です。髪の約8割を占めるタンパク質だからこそ、良質なものを摂取すべきです。
これは、毎回の食事に1品取り入れるだけでも良いです。それに牛乳や豆乳1杯を飲むだけでも1食分は充分に補えます。

 

毎日の積み重ねが白髪対策に結びつく

次に、ビタミン類です。ビタミンEと言えば、抗酸化ビタミンとしてアンチエイジングに効果的だと知られていますが、白髪に対しても充分に効果を発揮してくれます。
ビタミンEの含まれる食物と言えば、最初にアーモンドが浮かびますね。

 

最近ではアーモンドミルク飲料もスーパーやコンビニで販売されていますね。食べるのではなく、飲むだけで楽々とビタミンEを補給する事が出来るので、この手段も手頃で便利ではないでしょうか。

 

また酸味のある果物によく含まれるビタミンCには、タンパク質から細胞同士を結びつけてコラーゲン生成させる働きがあります。つまり、ビタミンCは髪に潤いやコシを与えてくれる存在です。折角白髪改善を行うとしても毛がパサパサとしていれば残念ですからね。これも同時摂取した方が良いです。
また、豚肉やバナナ等に含まれるビタミンB郡はタンパク質生成の働きを促してくれる栄養素なので、白髪対策には効果的です。

 

髪に重要なミネラルは、髪を作る為のタンパク質に必要不可欠な鉛と、髪を黒くさせる細胞メラノサイトを活性化させるカルシウムがとても重要な存在となります。
また髪に潤いを与える油分は、ビタミンE豊富で抗酸化作用も高い良質なオリーブオイルが恩恵をもたらしてくれます。
これら全てバランス良く取り入れる事によって、白髪改善に貢献できます。
つまりは、”バランス良く健康的な食生活”が白髪改善の為にはベストだという事が分かりますね。
決して短期間で効果を発揮出来る方法ではありませんが、塵も積もれば山となる如く、毎日の食事の積み重ねによって白髪対策に結びつくものです。