白髪染めの男性用と女性用はどう違う?

女性が男性用を使っても異常ナシ

ドラッグストアで白髪染めを探すと本当に様々な種類ありますが、男性用と女性用がありますよね? これって何か違いがあるものなのか? と、疑問に感じてしまうものです。
結論から言うと、実は両方に違いはさほどありません。

 

そもそも髪を染める原理というものは男女で違いは無いものです。
一般的な市販されている白髪染めですと、脱色しながら髪の毛にカラー剤を染みこませて白髪を染めると原理となります。それは男性用も女性用も同じです。
ではいったい何が違うのか? と、言えば……香りや手触りなど仕上がりだけが異なります。

 

基本的に男性が白髪を染めるとなると、黒を選ぶ事が多いです。
会社の規定などでも黒髪以外NGというところもあるのでこういった背景を考慮すると、黒髪の白髪染めの方が多いというものは非常に納得しやすいものです。
また、ドラッグストアで売られている白髪染めを見れば一目瞭然の事ですが、女性の白髪染めというとブラウン系やアッシュ系等黒以外にも様々なカラーバリエーションがあります。
一方男性用となると、基本的に黒かブラウンの2色くらいしか置いてありません。

 

仕上がりに最も違いが出る

また、男性用と女性用では仕上がりにも違いがあります。
女性用白髪染めの仕上がりの感覚と言えば、手触りもしっとりとしていてサラサラとしていますが、男性用は、髪にハリが出てボリュームが出やすくなるものが多いです。
なので、男女兼用の白髪染めで陰毛を染めると、アンダーヘアもふわっとしてボリュームが出やすくなるということですね。

 

それ以外にも、男性用と女性用では香りにも違いがあります。
男性用と言えば、無香料のものや爽やかな柑橘系やマリンノートのものが殆どですが、一方、女性用白髪染めの香りは、フローラル系のものやハーブなどの華やかな香りのものが多い傾向があります。
これを考えると、白髪染めもシャンプーと似たような傾向があると感じますね。

 

男性用はさっぱりした香りは無香料が殆どですが、女性用は香りも種類が多いです。
けれど、よく考えてみると、男性の髪から華やかなお花の香りがするのって違和感がありますからね。

 

しかし、男性が女性用を使っても女性が男性用のものを使っても、髪を染めるという点を重視した上では特に問題はありません。
自分の性別の方を必ずしも使わなくてはいけないというワケでは無いのです。

 

しかし、男性の方が髪の毛が短い人が多いので、白髪染めの液の量が男性用の方が少ないという傾向もあります。適量という点を考えると、性別に見合ったものを選んだ方がちょうど良く使えます。
最近では男女兼用のチューブタイプのトリートメント出来る白髪染めも販売されていますが、こういったものはインターネット通販の方でよく見かけますね。
もしも夫婦で白髪染めを頻繁に使うのであれば、こういった兼用白髪染めも良い選択ではないでしょうか。