陰毛白髪染めなび

陰毛の白髪ってイヤ!

アンダーヘアを染めるには

 

 今まで40年以上生きてきて、それなりに身なりにも気をつけてました。
 太らないように定期的にダイエットして体のメンテナンスもしていました。
 でも、40前にして段々体の衰えを感じてきたんです。
 その一つが白髪です。
 髪の毛にできた時は「あ、とうとう来たか」ってかんじでしたが、下の毛にできた時はショックでした。

 

 毛髪なんだから、白髪になるのは当たり前なんですが、急におばあちゃんになったみたいでイヤでしたね。

 

 私には付き合って2年くらいの彼氏がいるんですが、彼に見られるのがすごくイヤなんです。彼の前ではオナラもしないので・・・。
 40すぎのオバサンがいい年してって思われるかもしれませんが、彼の前では少女でいたいんですよね。

 

安全に下の毛を染めるにはこれしかない

 

アンダーヘアを染めるには

 

 白髪染めに私はコレを使ってます。
 もちろん、アンダーヘア専門じゃないですよ(笑
 髪を染めるのにも使ってます。

 

アンダーヘアがキレイに染まる白髪染め

 

 髪の毛は普段美容室にいってるんですが、ちょっと落ちて来た時にこれで補ってるかんじですね
 で、その時に、アンダーヘアもササっと染めてます。

 

 なんといってもめちゃくちゃ簡単なのが気に入ってます。
 シャンプー感覚で洗って流すだけですからね。
 だからシミないんです。

 

 同じメーカーが出してる、利尻ヘアカラートリートメントは、一旦、染めてから放置しないといけません。
 なので、その間にどうしても液ダレするんですよね。

 

 液ダレして皮膚につくと、なかなか洗ってもとれません。
 それでも膝とか太ももにつくのはいいんですが、アソコにつくと大変です。

 

 女性器って皮膚吸収がすごくいいので、なんでもすごく吸収しちゃうんですよ。
 だから、アソコについたらアノ部分が真っ黒になります。(※体験済み)
 しかもめちゃくちゃ痛い。肌が弱いとか強いとか関係ないくらい痛いです。
 アノ部分が強い人なんて多分いないと思います。

 

 だから、けっこう慎重かつ丁寧に染めないといけないんですよね。

 

 他のホームページを見てたら、利尻ヘアカラートリートメントで染めてるっていう人もいるようなんですけど、どうやってるんでしょうね?
 とにかく私がおすすめなのは、ヘアカラートリートメントではなくて、ヘアカラーシャンプーのほうです。

 

利尻ヘアカラーがキャンペーン価格で買えるページはこちらです

 

 

 ちなみに1回に使用する量は、少量ですね。頭のシャンプーの5分の1以下でいいと思います。
 染まり過ぎると真っ黒になるので、初回は特に気をつけてください。
 ドス黒い陰毛になっちゃったら、最悪ヘアカットしかありませんからね。

 

 

泡タイプで染めると液ダレしにくい

キラリ

 アンダーヘアの毛染めの一番難しいところは周りの皮膚につけずに、染めるということです。なんてったって、すぐ下にアソコがありますからね・・・。 
 手軽さという面では、シャンプータイプには劣りますが、泡タイプで染めるのもありです。以前はこちらを使ってました。

 

煌髪【キラリ】

 

 少し値段は高いですが、しっかり染まります。
 泡が毛に止まって、皮膚に流れて来る心配がありません。
 生え際とか特に染めやすいですね。
 そういう意味では、シャンプータイプよりも優れているかもしれません。

 

 美容室に行かずに自分で髪の毛もムラなく染めたい、そして、アンダーヘアも染めたいっていう人は、こっちでもいいかもしれません。

 

白髪染めって何であんなに落ちやすい!?

 加齢と共に気になるものと言えば、シミ・シワ・たるみなどの肌トラブルが挙げられるものですが、それ以外でも老化の代名詞と言えば白髪も気になるものですよね。
 けれど、白髪というともはやあれに関してだけは遺伝も関連したり積み重なったストレスなど生活スタイルも関与してしまうものなので仕方の無いように思えてしまう問題ですが……それでも生えているのに気がついてしまうと愕然としてしまうものではないのかと思えます。

 

 さて、そんな白髪ですが、白髪と言えば白髪染め。
 最近お風呂でも使えちゃうシャンプーしながら染まっちゃうなんてものも多数販売されていて手軽に出来て髪のアンチエイジングも出来るので怖くもなんともない! と、思えてしまうかも知れませんね。

 

 けれど実際には1週間足らずですぐに落ちてしまうなんていう問題もあるそうなのです。
 その簡潔な理由としてはこのような事が考えられているそうなのです。
 まず、白髪染め用の染め粉は実は「ヘアマニュキア」と同じような原理のものが多く髪に科学反応を起こさせて色味を変えるのではなく白髪の上から塗料をコーティングするといった風に染まっていくそうなのです。

 

 つまり段々と剥がれ落ちてしまう事は普通のようで1週間〜2週間で元通りというのは自然な事のようです。
 と、なると。頻繁に染めなくてはいけないという事になってしまうのですよね。

 

 そう考えると、頻繁に染めるのであれば出来るだけ色持ちが良いという点は勿論の事、地肌や髪の毛にも優しいものを選んで行く事が大事なのでは? と、思えてしまいますね。
 それでいて低コスパだったら最強には違いないのですが……なかなか全部を兼ね揃えているものが無い事が現状です。
 どうにかそんな最強な白髪染めを開発してくれたらいいのにななんて思ってしまうものですね。

 

白髪の陰毛は脱毛できるの?

脱毛

 白髪の陰毛はレーザー脱毛や光脱毛では処理することができません。
 白髪の脱毛は、「ニードル脱毛」で処理することができます。

 

ニードル脱毛とは?

 

 白髪の陰毛は、「ニードル脱毛」でほぼ確実に永久脱毛することができます。
 ニードル(電気)脱毛とは、毛穴に針を差し込み、毛根に電流を流して毛根細胞を腐食させて処理する脱毛方法です。
 レーザーや光脱毛ではメラニン色素に光を当てて処理するため、メラニン色素のない白髪の脱毛ができません。

 

デメリットはとにかく痛いこと

 ニードル電気脱毛には痛みが伴い、施術者によってはトラブルが起こることも少なくありません。
 単価も割高なエステサロンが多いのが現状です。
 どうしても陰毛の白髪の脱毛がしたい場合は、入念な下調べと予算確保が必要となります。

 

まとめ:痛みと費用のことを考えれば、染めるのが一番

 

 男性でも耐え難い激痛と割高な費用を考えると、現実的にはやはり染めてしまうのが一番ですよね。
 しかし陰毛の白髪染めとなると、やはり自分で簡単にできて、しっかり色が入って、できればお風呂場でできるようなものがいいですね。

 

アンダーヘアを染める白髪染めの選び方

 頭髪ならともかく、陰毛はデリケートゾーン。
 慎重かつ丁寧に、まずは白髪染めを選びましょう。

  1. 肌に優しいものを選ぶ
  2. 泡タイプで楽に染める
  3. 臭いが少ないものを選ぶ
  4. お風呂を汚さない白髪染め

肌に優しいものを選ぶ

刺激が強い

頭皮と違い、陰毛の周囲はデリケートゾーン。
経皮吸収が大きいので、少し液ダレしただけでもものすごく吸収して激痛が走ります。
とにかく肌に優しく刺激の少ないものを選ぶことが重要です。

 

泡タイプで楽に染める

泡タイプ

泡で染めるタイプの白髪染めなら、泡が毛に止まって皮膚に垂れてくることもなく、さらにムラも少なく染め上げることができます。

 

匂いが少ないものを選ぶ

 

白髪染め独特の匂いが少ないものを選ぶことは重要です。
デリケートゾーンの臭いが気になる女性も多いはずです。

 

お風呂を汚さない白髪染め

 

陰毛の白髪染めはほとんどの人がお風呂場で行うことになると思います。
2つの液を混ぜて使う白髪染めは色が入りやすいのですが、刺激が強いばかりか、お風呂を汚してしまいますので注意しましょう。

 

まとめ:一番優先したいのは、肌への刺激の少なさ

 

デリケートゾーンの白髪染めには、何よりも肌への刺激を少なくすることを重視しましょう。
染めるたびに痛い思いをするなんて考えたくありません。
特に体の一番大切な部分ですから、無添加で臭いが少ないもの、さらにお風呂場を汚さないものを選ぶことで、心地よく快適な白髪ケアができますね。